二十日正月(読み)はつかしょうがつ

精選版 日本国語大辞典「二十日正月」の解説

はつか‐しょうがつ ‥シャウグヮツ【二十日正月】

〘名〙 正月二〇日のこと。正月の祝いとして食べた塩鰤(しおぶり)の骨や頭を大根・大豆・酒粕といっしょに煮たり、団子(だんご)を入れた粥を作ったりして食べたので、骨正月・団子正月ともいう。《季・新年》
俳諧・続連珠(1676)冬上「小春にも廿日正月やえひす講〈野双〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵mini「二十日正月」の解説

二十日正月

正月の祝い納めをする節目の日で、1月20日を指す。正月飾りを取り外したり、残った餅や正月料理を食べ尽くしたりして、正月の行事を締めくくる。正月用の年肴(さかな)をすべて食べ尽くすことから、「骨正月」とも呼ばれる。

(2016-1-21)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の二十日正月の言及

【正月】より

…大晦日から元日にかけての行事に主体があるが,ほぼ1月いっぱい続く。行事の流れは,1日を中心にする大正月と,15日を中心にする小正月とに大別できるが,このほか7日の七日正月,20日の二十日正月を重視する場合もある。12月はすでに正月の始まりで,東北地方北部では,12月中に神仏の年取りがある。…

【年棚】より

…神供としては,白米,鏡餅が主であるが,その他に神酒,干柿,昆布,するめ,乾魚などを供える土地も多い。〈年神さまは正月14日夜にお帰りになる〉として,この夜に年棚を片づける土地もあるが,二十日正月(はつかしようがつ)をもってまつりおさめとする土地も多い。正月【直江 広治】。…

※「二十日正月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android