骨組織(読み)コツソシキ

大辞林 第三版の解説

こつそしき【骨組織】

骨を構成する組織。骨細胞と多量のカルシウムを含む豊富な基質から成り、著しく硬い。広義には、結合組織の一つとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こつ‐そしき【骨組織】

〘名〙 動物の結合組織の一つ。骨を構成する組織で、骨細胞と骨質とからなる。骨質は血管や神経の通るハバーズ管を年輪状にとりまき、骨細胞はその中に点在する。軟骨組織に対して硬骨組織ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の骨組織の言及

【組織】より

…未分化細胞から特定の形態と機能をもった組織が分化する過程(組織分化または組織発生)の研究にも,組織培養法は有力な手段として利用されている。
【動物の組織】
 動物の組織は形態と機能から,上皮組織,結合組織,軟骨組織,骨組織,血液とリンパ,筋組織,神経組織に分けられる。また,発生学的に上記の結合組織から血液とリンパまでの5組織はすべて間充織(間葉組織)に由来する。…

※「骨組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android