コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨貝 ホネガイ

デジタル大辞泉の解説

ほね‐がい〔‐がひ〕【骨貝】

アッキガイ科の巻き貝浅海の砂泥底にすみ、殻高約15センチ。貝殻卵形下端が長く伸び、三方向に魚の骨状に細い突起が縦に並ぶ。房総以南の暖海に分布。形の特異さから観賞用にされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほねがい【骨貝】

海産の巻貝。殻高は約15センチメートル、そのうち半分は細長い水管で占められる。水管には魚の骨格のようにとげが突き出し、殻表にもとげが多数ある。形の奇妙さ・美しさから観賞用とされる。房総半島以南の浅海の砂底にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

骨貝 (ホネガイ)

学名:Murex pecten
動物。アクキガイ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

骨貝の関連キーワード巻貝海産貝貨とげ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨貝の関連情報