コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出血傾向 しゅっけつけいこう(Hemorrhagic Diathesis)

家庭医学館の解説

しゅっけつけいこう【出血傾向 (Hemorrhagic Diathesis)】

◎原因は、おもに3つある
 どこかにからだを強くぶつけたなど、思いあたる原因もないのに出血がおこり、いったん出血すると止まりにくい状態を、出血傾向(しゅっけつけいこう)(出血性素因(しゅっけつせいそいん))があるといいます。
 その原因は、血管の壁に異常があるか、血小板(けっしょうばん)に異常があるか、血液凝固(けつえきぎょうこ)のしくみに異常があるか、の3つに分けることができます。
 血管壁の異常としては、血管性紫斑病(けっかんせいしはんびょう)に代表されるように、さまざまな原因で、血管壁から血液がもれ出す(透過性亢進(とうかせいこうしん))ようになります。単純性紫斑病(たんじゅんせいしはんびょう)や老人性紫斑病(ろうじんせいしはんびょう)、アレルギー性紫斑病(せいしはんびょう)のほかに、クッシング症候群(「クッシング症候群」)、ビタミンC欠乏症(「その他の水溶性ビタミンと代謝異常」のビタミンC欠乏症(壊血病))などによっておこってきます。
 血小板の異常として、血小板の数が減少するために出血傾向になるものがあります。血小板は血液が固まるときの材料ですから、いわば材料不足によって、出血傾向がおこるわけです。原因とするおもなものに、血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)、急性白血病(きゅうせいはっけつびょう)(「急性白血病」)、再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)(「再生不良性貧血」)などがあります。
 そのほかに、血小板のはたらきに異常をおこし、出血傾向になるものもあります。尿毒症(にょうどくしょう)(「尿毒症」)、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」)、また抗生物質や非ステロイド抗炎症薬などの副作用によってもおこることがあります。
 とくに、アスピリンを使用すると、血小板がくっつき合って固まろうとする能力を低下させてしまいますが、逆に、血液が固まりにくくなる作用を利用して、血栓(けっせん)の予防に使われることもあります。
 血液凝固のしくみの異常によっておこる出血傾向の代表的なものに、血漿(けっしょう)中に含まれているべき血液凝固因子(けつえきぎょうこいんし)が先天的に欠けている血友病(けつゆうびょう)(「血友病(ヘモフィリア)」)やフォン・ウィレブランド病(「フォン・ウィレブランド病」)があります。
 また、血液凝固のしくみに、後天的に異常がおこることもあります。それは、血液凝固因子をつくっている肝臓の疾患や、血液凝固因子の産生に必要なビタミンK欠乏症(「ビタミンK欠乏症」)によっておこります。
◎一度は専門医の検査を
 しかし、こうした病気はめずらしいものです。あざ(紫斑(しはん))ができやすい、鼻血が出やすい、歯肉(しにく)から出血しやすい、なかなか血が止まらない、などと訴える人を検査してみると、たいていは正常であることが多いものです。
 したがって出血しやすいからといって、そう心配する必要はありませんが、一度は血液専門医を受診して検査を受けておくこともたいせつです。
 たとえ軽症でも、出血傾向がある人は、大きな手術をしたり、交通事故などにあうと止血がむずかしく、出血量が多くなって危険です。
 しかし、あらかじめ出血傾向があるとわかっていれば、いざというとき、医師が十分な対策を立てることができ、大出血の危険を避けることができるのです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の出血傾向の言及

【肝不全】より

…後者は,進行した肝硬変肝臓癌,肝臓内に長期間持続して胆汁が鬱滞(うつたい)することなどによって生じ,高度の肝臓萎縮と繊維化,およびその結果生じる肝血流障害,腫瘍性変化などが直接の原因となる。ともに症状として,全身消耗,皮膚や性器の異常,感染に対する抵抗力の低下,循環障害などを伴うが,黄疸の増強,腹水,出血傾向,肝性脳症と,高度の栄養障害が臨床的には重大な問題となる。
[肝臓の機能低下による種々の症状]
 (1)黄疸 黄色色素のビリルビンが体内に蓄積して皮膚などを黄色に染める現象を黄疸という。…

【血液】より

…まれな遺伝性疾患として,顆粒球の機能が異常で,殺菌力が欠如しているため身体各所に感染症をきたす疾患もある。(3)止血作用の異常 正常人ではなにもおこらないくらいの外力ですぐ出血し,出血しはじめるとなかなかとまらない状態を出血傾向という。止血は血管,血小板,凝固因子の3者の協同作用で完全となり,このどれが異常でも出血傾向になる。…

【血液凝固】より

…すなわち,凝固する。この血液が凝固する性質は,止血にとって必要な性質であり,血液凝固が正常に起きないと,止血が円滑に行われなくなり,出血傾向を呈するようになる。 先天的あるいは後天的に血液凝固機序が異常を呈するために,出血傾向が生ずる場合が多数存在する。…

【出血】より

…その間,繊維素溶解酵素によって止血栓が崩壊しないように,繊維素溶解に対する阻止因子が働く。
[出血傾向]
 これら止血機序になにか異常があると,止血機序が円滑に作動しないため,止血が遅れ,また出血しやすくなる。これを出血傾向という。…

※「出血傾向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

出血傾向の関連キーワードダム(Carl Peter Henrik Dam)播種性血管内凝固症候群(DIC)カール・ペーター・ヘンリー ダムマクログロブリン血症その他の血管性紫斑病レーデ‐ルンペル現象ルンペル‐レーデ現象メラー=バーロー病シクロホスファミド血小板減少性紫斑病播種性血管内凝固流行性脳脊髄膜炎マイトマイシンC血小板機能異常症ビタミンK欠乏症吸収障害症候群マールブルグ病リンパ性白血病骨髄性白血病重症急性膵炎

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android