コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脾腫 ひしゅ splenomegaly

5件 の用語解説(脾腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脾腫
ひしゅ
splenomegaly

脾臓が腫大した状態。原因は,(1) 感染症 (亜急性心内膜炎マラリア寄生虫症) ,(2) うっ血 (脾性貧血肝硬変) ,(3) 血液病 (溶血性貧血悪性貧血白血病) ,(4) 病的産物の沈着 (ゴーシェ病,ニーマン=ピック病) ,(5) その他 (脾腫瘍,先天異常) である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しゅ【×脾腫】

脾臓(ひぞう)が腫れて大きくなった状態。血液疾患・炎症・脂質代謝異常などでみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脾腫【ひしゅ】

脾臓が腫大したもの。通常は約80〜120gのものが,2倍になると脾腫として腹部の左上外側部で触知できる。白血病マラリアバンチ病肝硬変ホジキン病チフス性疾患,敗血症,溶血性黄疸(おうだん),日本住血吸虫症などの際みられる。
→関連項目地中海貧血

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ひしゅ【脾腫 Splenomegaly】

[どんな病気か]
 脾臓(ひぞう)が腫(は)れて大きくなった状態を、脾腫といいます。
 左上腹部の触診で診断できるのがふつうですが、ときには、X線撮影やCTスキャンを行なって確認しなければわからないこともあります。
[原因]
 ①肝硬変(かんこうへん)、門脈(もんみゃく)の閉塞(へいそく)、心不全などのための脾臓のうっ血(けつ)、②細菌、ウイルス寄生虫の感染による炎症、関節リウマチなどの膠原病(こうげんびょう)に反応した脾臓の細胞の増殖、③脾臓で血球が大量に破壊される溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)や特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)によるもの、④慢性・急性白血病、悪性(あくせい)リンパ腫(しゅ)、といった血液の病気などが原因でおこります。
 とくに、慢性白血病骨髄線維症(こつずいせんいしょう)、マラリア、特発性門脈圧亢進症(とくはつせいもんみゃくあつこうしんしょう)といった病気にともなっておこったときには、腫れ方が大きくなります。
[症状]
 脾腫があると左上腹部の腫れや痛み、膨満感(ぼうまんかん)のほか、呼吸困難、吐(は)き気(け)、嘔吐(おうと)、便秘などが現われてきますが、腫れの程度や原因によって症状はさまざまです。
 脾臓が腫れて巨大になったときには、脾臓への血流が障害されます。そのため、脾梗塞(ひこうそく)という脾臓の組織が壊死(えし)におちいった状態になりますが、このときには、左上腹部に激しい痛みがおこります。
[治療]
 原因になっている病気を治療します。
 脾腫をおこした原因にもよりますが、脾腫が周囲の臓器に悪影響をおよぼしているときや、脾臓そのものに病気の原因があるときには、脾臓を摘出することがあります。
[日常生活の注意]
 脾臓が腫れて大きくなっている場合は、破裂する危険性があるために、激しい運動は避けるようにします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

ひしゅ【脾腫】

脾臓が大きくなった状態。肝硬変・造血器疾患・感染症・脂質代謝障害などで見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脾腫の言及

【バンチ症候群】より

…原因が何であろうと,(1)貧血,白血球減少,血小板減少のいずれか一つ以上が存在し,(2)脾臓の肥大,すなわち脾腫があり,(3)骨髄での血球産生は正常または増加し,(4)脾臓を手術で取り除く(摘脾)ことにより(1)の血球減少症が改善する,この4項目を満たす病態を脾機能亢進症という。イタリアの病理学者バンチGuido Banti(1852‐1925)は,慢性貧血と脾腫で発症し末期に肝硬変で死亡する疾患について研究し,この病気の根本原因は脾臓にあると考えてバンチ病という名称を提唱した。…

【脾臓】より

…幼児期に脾臓を取り除くと,脾臓による異物貪食能と免疫による防御反応が減弱して病気に感染しやすくなる。
[脾臓の病気――脾腫と脾機能亢進症]
 脾臓が肥大し,肋骨弓から下方に突出して手で触れるようになる。この脾臓の肥大を脾腫splenomegalyという。…

【貧血】より

…内分泌疾患による貧血は,甲状腺機能低下,脳下垂体機能低下によって全身の代謝が低下し,エリトロポエチンの分泌も低下することによって生ずる。 脾機能亢進による貧血脾腫があると,貧血とともに白血球減少や血小板減少を生じやすい。脾臓は元来赤血球のおもな崩壊場所だが,肥大した脾臓では,その容積増大に伴い赤血球崩壊能力も増大するために貧血が増強する。…

※「脾腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脾腫の関連キーワードバンチ症候群脾臓秘蔵宝鑰何心地秘蔵っ子血管内皮増殖因子ドンナ伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ脾(臓)機能亢進症秘蔵子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脾腫の関連情報