コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高グロブリン血症 こうグロブリンけっしょうhyperglobulinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高グロブリン血症
こうグロブリンけっしょう
hyperglobulinemia

血清蛋白のうち,グロブリンが正常値以上のものをいう。グロブリン分画のすべてが増加する場合と,α,β,γのいずれかの分画だけが特に増加する場合とがある。多発性骨髄腫サルコイドーシス膠原病などで起り,いずれも形質細胞の増殖または腫瘍を伴う。そのほか結核,ハンセン病 (らい) ,黒熱病や慢性肝疾患,特に肝硬変症などでも起る。膠原病のなかでも,全身性紅斑性狼瘡では,同時に血清中に LE因子が証明され,慢性関節リウマチでは,リウマチ因子が陽性となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高グロブリン血症の関連キーワード高γグロブリン血高蛋白血症紫斑