コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉福信 たかくらの ふくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉福信 たかくらの-ふくしん

709-789 奈良時代の公卿(くぎょう)。
和銅2年生まれ。高句麗(こうくり)系の渡来人福徳の孫。相撲の力をみとめられて内裏につかえる。諸国の国司を歴任,従三位にのぼり天平神護(てんぴょうじんご)3年造宮卿兼但馬守(たじまのかみ)となった。のち弾正尹(だんじょうのいん)兼武蔵(むさしの)守。延暦(えんりゃく)8年10月17日死去。81歳。武蔵高麗(こま)郡(埼玉県)出身。肖奈(しょうな),高麗,高倉と立身ごとに改姓

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高倉福信の言及

【高麗福信】より

…本姓は背奈。のち高倉福信。武蔵国高麗郡の人。…

※「高倉福信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高倉福信の関連キーワード高麗福信肖奈行文奈良時代公卿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android