コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉藤平 たかくら とうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉藤平 たかくら-とうへい

1874-1917 明治-大正時代の実業家。
明治7年11月1日生まれ。大阪岸和田で家業の木綿商をつぐ。堂島・北浜で米穀取引所仲買人・株式仲買人となり財をなした。大正元年堂島米穀取引所理事長。浪速火災保険社長,北浜銀行頭取などをつとめた。大正6年9月7日死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高倉藤平

没年:大正6.9.7(1917)
生年:明治7.11.1(1874)
明治大正期の実業家。大阪岸和田の木綿商の長男。明治33(1900)年大阪市南堀江に両替店を開き株式仲買業を営むが失敗。38年再び堂島浜通りに米穀仲買店を開き株式仲買を兼業。米穀,堂島米穀取引所の株の買い占めで一躍勇名をはせ41年同取引所監査役,42年理事,44年理事長に就任。他に日本冷蔵をはじめ保険,銀行,土地,鉄道など諸会社に関係し経営手腕を発揮した。特に北浜銀行破産整理は好評を博した。41年大阪朝日新聞社主催世界一周旅行時に野村徳七と調査した『漫遊土産・欧米取引所』誌は取引所改善によせた熱意がうかがえる。<参考文献>吉弘茂義『高倉藤平伝』

(津川正幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

高倉藤平の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android