コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高取稚成 たかとり わかなり

2件 の用語解説(高取稚成の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高取稚成

日本画家。佐賀県生。通称は熊夫。住吉広賢山名貫義に土佐派の画法を学び、また松原助久に就いて故実を究めた。帝展審査員・日本美術協会委員。昭和10年(1935)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高取稚成 たかとり-わかなり

1867-1935 明治-昭和時代前期の日本画家。
慶応3年5月19日生まれ。住吉広賢,土佐派の山名貫義に師事し,有職(ゆうそく)故実を松原佐久にまなぶ。歴史人物画を得意とし,文展その他の展覧会に入賞。帝展審査員,宮内省嘱託をつとめた。昭和10年1月30日死去。69歳。肥前神崎郡(佐賀県)出身。本名は熊夫。別号に山楼戸,山桜。作品に「配所の奇瑞」「藤房卿の草子」「南淵魚水」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone