コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名貫義 やまな つらよし

美術人名辞典の解説

山名貫義

幕末・明治の土佐派の画家。江戸生。通称を大助。住吉弘貫の門に学ぶ。東美校教授。帝室技芸員。古社寺保存会委員。明治35年(1902)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名貫義 やまな-つらよし

1836-1902 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)7年3月1日生まれ。前田貫業(つらなり)の兄。紀伊(きい)和歌山藩の絵師の家に生まれる。住吉弘貫にまなび,住吉派の伝統を継承する。全国宝物取調局委員,帝室技芸員となり,明治31年東京美術学校教授。明治35年6月11日死去。67歳。江戸出身。代表作に「養老の滝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山名貫義
やまなつらよし

[生]天保7(1836).江戸
[没]1902.6.11. 東京
住吉派の日本画家。和歌山藩絵師山名広政の子。名は広政のち行雅。幼名は大助。住吉派の住吉弘貫に師事。 1877年,内国勧業博覧会事務取扱,82年,内国絵画共進会審査員となり,84年第2回内国絵画共進会に出品して銀賞受賞。 97年より帝室技芸員,古社寺保存会委員。翌年より東京美術学校教授をつとめ,また古画鑑識にもすぐれた。主要作品『松鴛鴦図』屏風,『仲国訪小督図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山名貫義
やまなつらよし
(1836―1902)

日本画家。東京に生まれる。紀州藩絵師山名弘政(ひろまさ)の子で、住吉弘貫(すみよしひろつら)に学ぶ。1877年(明治10)内国勧業博覧会事務取扱となり、第1、第2回内国絵画共進会審査官を経て89年から全国宝物取調局鑑査掛嘱託。96年帝室技芸員、翌年には古社寺保存会委員となり、98年からは東京美術学校教授となった。住吉派の正系に学んで大和絵(やまとえ)の復興と古美術保存に力を尽くし、これを次代に伝えた。代表作に『養老(ようろう)』『小督(こごう)』など。また、前田貫業(つらなり)は弟、山名義海(ぎかい)はその子である。[二階堂充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山名貫義の関連キーワード日本美術協会高取 稚成松岡 映丘吉川 霊華津端 道彦藤井紫水松岡映丘明治時代津端道彦吉川霊華高取稚成井芹蘇泉乾南陽

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android