松原佐久(読み)まつばら すけひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原佐久 まつばら-すけひさ

1836*-1910 幕末-明治時代の有職(ゆうそく)家。
天保(てんぽう)6年12月28日生まれ。出羽(でわ)矢島藩(秋田県)家老佐藤佐興(すけおき)の次男。藤川貞の門で伊勢流故実を,相沢石湖(せきこ)に画をまなぶ。慶応3年藩の公用人となり,京都などで国事に奔走。明治2年大参事。維新後は各地の判事歴任。明治43年5月31日死去。76歳。通称は彦一郎。号は貫一斎。著作に「鎧話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android