コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高周波増幅 こうしゅうはぞうふくhigh-frequency amplification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高周波増幅
こうしゅうはぞうふく
high-frequency amplification

無線通信,ラジオなどで,高周波の段階での増幅を行うことをいい,無線周波増幅 (RF増幅) ともいう。以前は真空管による増幅が行われたが,最近ではトランジスタダイオードを用いた増幅回路が広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしゅうは‐ぞうふく〔カウシウハ‐〕【高周波増幅】

ラジオやテレビなどで、電波により同調回路に誘起された高周波電気振動を増幅して、十分な受信感度を得ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

高周波増幅の関連キーワードスーパーヘテロダイン受信機ダイバーシティー方式中間周波増幅器ショットキー自動利得制御高周波増幅器低周波増幅チューナー無線受信機タンク回路サムウエイ速度変調管無線通信受信機受信管検波器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android