コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高地トレーニング こうちトレーニング

4件 の用語解説(高地トレーニングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高地トレーニング
こうちトレーニング

低酸素トレーニングともいう。高地の環境条件への適応を目的としたトレーニングで,主として心肺持久性を高め,平地における負荷の相対的軽減を可能とする。 1968年オリンピックメキシコ大会が,標高 2240mの高地で行われたため,その選手強化策として有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

高地トレーニング

高地のような低酸素、低圧の条件下でトレーニングすること。赤血球の数が増えて、酸素の摂取能力と供給能力が増大するので、有酸素エネルギー代謝能の増大効果が得られる。一方、持久性トレーニングには、筋肉の酸素貯蔵体であるミオグロビン量を増やし、筋肉のミトコンドリア数を増やす効果がある。高地で持久性トレーニングをすると、大気環境の効果とトレーニングの相乗効果が得られる。その結果、最大酸素摂取能力が高まり、全身持久力が増大する。

(鈴木正成 早稲田大学スポーツ科学学術院特任教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高地トレーニング【こうちトレーニング】

全身持久力を養うために行われるトレーニング方法。酸素が希薄な2000〜3000m程の高地で長時間にわたる持久性トレーニングを行う。それにより肺への換気量および最大酸素摂取量を高める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こうちトレーニング【高地トレーニング】

酸素が希薄で気圧が低い高地でトレーニングすること。酸素摂取能力を高め、全身持久力を強化するために行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高地トレーニングの関連キーワード低圧低酸素下生活・平地トレーニング低酸素症嫌気的解糖低酸素低酸素血浅熱水鉱床非会合的岩石高度順化低圧トレーニング低酸素トレーニング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高地トレーニングの関連情報