コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高場乱 たかば おさむ

2件 の用語解説(高場乱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高場乱 たかば-おさむ

1831-1891 幕末-明治時代の医師,教育者。
天保(てんぽう)2年10月8日生まれ。野村望東の従妹。家業の眼科医をつぎ,男装して患者の家をまわる。安政元年筑前(ちくぜん)(福岡県)博多住吉村の人参畑に興志塾をひらき,頭山満らを教育して「人参畑の先生」とよばれる。のち向陽義塾(玄洋社の前身)でおしえた。明治24年3月31日死去。61歳。幼名はらん。名は元陽。号は空華堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高場乱

没年:明治24.3.31(1891)
生年:天保3(1832)
幕末明治期の医師,教育家。筑前(福岡県)住吉村の眼科医高場延山の次女。幼名らん。野村望東の従妹。亀井昭陽につき儒学を修め,家業を継ぐ。帯刀男装し乗馬で患家をまわった。20代半ばに興志塾を起こし,のちに玄洋社の中心となる箱田六輔,進藤喜平太,頭山満らを出した。明治10(1877)年の西南の役に際して塾生らがこぞって西郷派に呼応し,乱も嫌疑を受け捕らえられた。赦されてのち,向陽義塾(のちの玄洋社),漸強義塾で教え,閉鎖後は眼科医として余生を送った。<参考文献>『玄洋社社史』

(中嶌邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高場乱の関連キーワード教育家筑前河島養林後藤春栄佐野宏鷹取遜庵武谷元立中村清造松田清三郎松山棟庵

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone