コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄洋社 げんようしゃ

6件 の用語解説(玄洋社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄洋社
げんようしゃ

1881年2月福岡にあった向陽社を改称して結成された政治団体。設立時の社長は平岡浩太郎。主たる社員に頭山満がいた。民権結社として出発したが,次第に国権主義的傾向を強め,のちの多くの国家主義的右翼団体の母体となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんよう‐しゃ〔ゲンヤウ‐〕【玄洋社】

明治14年(1881)、頭山満(とうやまみつる)が中心となり結成した超国家主義団体。対外強硬策を主張した。昭和21年(1946)解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玄洋社【げんようしゃ】

明治時代の国家主義大アジア主義の草分的団体。1881年平岡浩太郎〔1851-1906〕を社長として創立。母体は筑前の没落不平士族の結社たる向陽(こうよう)社。
→関連項目内田良平東洋自由党広田弘毅福本日南夢野久作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんようしゃ【玄洋社】

日本の国家主義・大アジア主義の草分けをなす団体。明治維新後,没落した旧福岡藩士中の不平分子は専制政府打倒を唱え,各地の不平士族の武力蜂起への同調を企てる一方,板垣退助の立志社にならって民権伸張を論じていた。1876年の萩の乱への参加計画が失敗し,翌年の西南戦争に応じた挙兵も鎮圧されると,彼らは箱田六輔,平岡浩太郎,頭山満らを中心に79年向陽社を設立し,愛国社,のちに国会期成同盟の一員として藩閥政府を攻撃し国会開設請願運動を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんようしゃ【玄洋社】

頭山満とうやまみつるを中心とする右翼団体。1881年(明治14)自由民権運動の一翼として発足。次第に右傾化し大陸進出を推進した。1946年(昭和21)解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄洋社
げんようしゃ

日本の国家主義団体。旧福岡藩の不平士族の運動を背景に、1881年(明治14)箱田六輔(ろくすけ)、平岡浩太郎(こうたろう)、頭山満(とうやまみつる)らが福岡で結成、国家主義運動の草分けとして活躍した。国会開設請願など、自由民権運動にもくみしたが、憲則に、(1)皇室の敬戴(けいたい)、(2)本国の愛重、(3)人民権利の固守を掲げ、国権の確立によって民権が伸長されるとの立場にたち、国家主義に傾斜した。故西郷隆盛(たかもり)らの征韓論を受けて大陸進出を主張、89年には社員来島恒喜(くるしまつねき)が条約改正問題で外相大隈重信(おおくましげのぶ)に投弾するなど、対外強硬論のテロも行った。日清(にっしん)戦争前後から朝鮮・中国で画策、日露戦争では満州義軍を組織してゲリラ活動に従事した。また金玉均(きんぎょくきん/キムオクキュン)ら韓国の政客と結び、日本の韓国併合を準備する一方、孫文(そんぶん/スンウェン)らとも連絡、初期の中国革命に参画し、社員から多くの大陸浪人を輩出した。黒竜会、浪人会などの国家主義団体も玄洋社を母胎にしており、のちにはこれらの団体が玄洋社の運動を引き継ぐ形となった。その後は育英事業などを中心に、国家主義の鼻祖として隠然たる影響力を保っていたが、1946年(昭和21)占領軍の指令で解散。[岡部牧夫]
『『玄洋社社史』(1917・同社社史編纂会) ▽葦津珍彦著『大アジア主義と頭山満』(1972・日本教文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の玄洋社の言及

【右翼】より

…この言葉は,その性格上,客観的記述のためより相手方への評価をこめた政治用語として使われることが多い。【坂本 多加雄】
[日本の右翼]
 日本の右翼運動は,明治政府の欧化政策に反対するため,士族反乱や自由民権運動と結んで反政府運動を展開していた平岡浩太郎や頭山満らが,1879年に向陽社を結成し,81年にそれを玄洋社と改称したときに開始された。やがて玄洋社は自由民権運動からはなれ,条約改正即時断行,日清開戦,大陸への進出などの対外強硬策を主張する国家主義団体に成長していった。…

【天佑俠】より

…日清戦争の際,朝鮮で活動した玄洋社系の団体。1894年,東学農民軍が蜂起すると,これを日清開戦の導火線にしようとする軍部,玄洋社の意をうけて鈴木天眼,内田良平らが渡海し,すでに釜山居留地でアジア経綸を語らっていた田中侍郎,武田範之らのグループに合流した。…

【頭山満】より

…1876年同藩の不平士族の蜂起計画に加わって逮捕され,1年間入獄。79年板垣退助の強い影響下に箱田六輔,平岡浩太郎らと向陽社を設立,同じころ別に組織した筑前共愛会とともに国会開設請願運動等を行い,81年箱田や平岡らと玄洋社を設立した。しだいに民権論を離れ,日本はアジアを制覇してその〈盟主〉となるべきだと主張しはじめ,同社をこの国権論で統一する一方で炭坑を同社の財源とすることに成功して,同社の事実上の最高指導者となった。…

※「玄洋社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玄洋社の関連キーワードアジア主義大アジア主義日本主義汎アジア主義民族主義黒竜会超国家主義ストア主義コラディーニパン・アジア主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玄洋社の関連情報