コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高塀造 たかべいづくり

百科事典マイペディアの解説

高塀造【たかべいづくり】

大和棟(やまとむね)とも。大和,河内地方に見られる民家の形式。ゆるい勾配(こうばい)の瓦屋根の上に,わら葺(ぶき)で強い勾配の切妻屋根をのせ,妻に沿って瓦葺の小さな袖(そで)壁を棟まで登らせている。江戸時代以後,地主や上流の自作農が建てたもので,大阪府羽曳野(はびきの)市の吉村家は代表例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の高塀造の言及

【民家】より

…棟端の飾りとしては,〈みんのす〉という馬の耳のような飾りをつける佐賀県の民家,板葺き屋根の端に〈烏威(からすおどし)〉と呼ぶ独得な飾りをつける長野県松本平の民家などがある。また,切妻造の茅葺き屋根の妻面を保護するため,屋根の端を瓦で押さえた高塀(たかべい)造(大和棟(やまとむね))や,屋根端に卯建(うだつ∥うだち)と呼ばれる小棟を設けた町家などがある。また,瓦葺き屋根の民家や多雪地帯の民家では,囲炉裏(いろり)や竈(かまど)の煙を外へ出すため,屋根の一部を切り上げたり,棟をまたいだ小屋根(越屋根)を設けるが,これも屋根の装飾を特徴づけている。…

※「高塀造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高塀造の関連キーワード切妻屋根大和棟

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android