コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安蘆屋 たかやす ろおく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安蘆屋 たかやす-ろおく

?-? 江戸時代中期-後期の儒者。
安永-寛政(1772-1801)のころの大坂の人。菅甘谷(かん-かんこく)にまなび,書もよくした。今田屋という富商だったが没落,晩年は筆耕でくらした。名は昶。通称は庄(荘)次郎。著作に「会約」「掌中助字箋」「和漢年契」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高安蘆屋の関連キーワード稲葉通竜池永豹儒者安永

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android