コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安蘆屋 たかやす ろおく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高安蘆屋 たかやす-ろおく

?-? 江戸時代中期-後期の儒者。
安永-寛政(1772-1801)のころの大坂の人。菅甘谷(かん-かんこく)にまなび,書もよくした。今田屋という富商だったが没落,晩年は筆耕でくらした。名は昶。通称は庄(荘)次郎。著作に「会約」「掌中助字箋」「和漢年契」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone