コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆耕 ヒッコウ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐こう〔‐カウ〕【筆耕】

写字や清書で報酬を得ること。また、その人。「筆耕料」
文筆によって生計を立てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっこう【筆耕】

写字や清書によって報酬を受けること。 「 -料」 「僕の為めに十行二十字詰一枚五厘の-を周旋して呉れたのは、君であつた/思出の記 蘆花
文筆によって生計をたてること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆耕の関連キーワード匹・弼・必・泌・畢・筆・謐・逼シルバー人材センター芝全交(2代)紫嶺斎泉橘羽里早紀子松亭金水朝鮮文学川村 晃高安蘆屋宮沢賢治崔致遠曲山人清書文字蘆花報酬写字硯田

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆耕の関連情報