コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾船字文 たかおせんじもん

1件 の用語解説(高尾船字文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかおせんじもん【高尾船字文】

読本。曲亭馬琴著。1796年(寛政8)刊。馬琴の読本の初作として知られる中本型読本。歌舞伎の《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》(伊達騒動)の世界に,中国小説《忠義水滸伝》の翻案をないまぜた趣向で書かれている。着想は斬新で,江戸長編読本の嚆矢(こうし)となったが,奥州太守足利頼兼の遊蕩による遊女高尾斬りをめぐって,忠臣絹川谷蔵,荒獅子男之助,政岡らと,悪人典膳鬼貫(おにつら),仁木佐衛門らが葛藤するという筋立ては,まだ生硬で,伝奇小説独特の面白さを生み出すに至らず,勧善懲悪の趣旨も小説構想にとけこんでいるとはいいがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の高尾船字文の言及

【水滸伝物】より

…これもまた馬琴の合巻《傾城(けいせい)水滸伝》に影響を与えた。水滸伝物の流行は江戸の草双紙類にも浸透するようになり,山東京伝は1789年(寛政1)刊の洒落本《通気粋語伝》で《水滸伝》を翻案し,また92年刊の黄表紙《梁山一歩談》《天剛垂楊柳(てんごうすいようりゆう)》にその梗概を綴り,ついで94年には振鷺亭が《水滸伝》の趣向を世話狂言に仕立てた《いろは酔故伝》を出したが,文字の世界を超えて演劇の世界と《水滸伝》を接合させるというこの着想を受けて,馬琴の読本処女作《高尾船字文》が出た。これは《水滸伝》の一部を人形浄瑠璃や歌舞伎の名作《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の枠組みの中に複合し,道徳的教訓を盛って御家騒動物に仕立てたものである。…

※「高尾船字文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高尾船字文の関連キーワード曲亭馬琴近世説美少年録椿説弓張月朝夷巡島記燕石雑志玄同放言俊寛僧都島物語俳諧歳時記青砥藤綱模稜案開巻驚奇侠客伝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone