コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度地区 コウドチク

4件 の用語解説(高度地区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうど‐ちく〔カウド‐〕【高度地区】

都市計画法で定められた地域地区の一つ。市街地の環境の維持や土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度または最低限度が定められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高度地区

地域を指定して建築物の高さを制限する制度で、市区町村が定める。具体的な高さを示す「絶対高さ制限型」と、日照などを考慮した「斜線制限型」がある。増えているのは「絶対高さ制限型」で、歴史的景観を保全する目的で金沢市や佐賀市などの城下町、大津市や福岡県太宰府市などの門前町でも導入が進んだ。

(2012-03-18 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

不動産用語辞典の解説

高度地区

都市計画法に基づき、建築物の高さが定められた地区を「高度地区」といいます。住居専用地域など良好な住環境を維持するために、建築物を指定した高さ以上にしてはならない最高限度を定めた地区と、土地の高度利用の面から、建築物を指定した高さ以上にしなければならない最低限度を定めた地区とがあります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
不動産用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高度地区の関連情報