コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地利用 とちりようland utilization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地利用
とちりよう
land utilization

土地の利用の状態および仕方,また土地の利用の現状を調べ,よりよい利用方法を研究する学問・政策分野。国家と国土が人々の活動の基調をなしているから,土地の自然的な性質と人間の生活様式,人口と国土の広さが,土地利用を考えるうえでの基本的事項となる。土地の形態,条件,利用状況は多種多様であり,また先進工業国と発展途上国,あるいはアメリカのように大きな国土をもつ国と日本のように狭い国土に大きな人口をかかえている国とでは土地利用の集約度や競合にかなりの差がある。土地利用の状態を把握するために,各国で土地利用の区分を大小に分けて行なっているが,一般的な大区分では,農業用地,林業用地,都市用地,レクリエーション用地,その他に分けられ,前2者を農村的土地利用に,後2者を都市的土地利用に大別することも行われている。現在の日本にみられる特徴は,都市地域が農村地域へ拡大して,農村的土地から都市的土地への利用転換をめぐって激しい利用競合が生じていることである。土地利用を秩序正しく推進することは重要なことであり,最も合理的,有効的,かつ適切な土地利用計画をそれぞれの地域に即して立て,これに対応した土地利用区分を考えることが大きな課題とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちりよう【土地利用 land use】

人間活動のための土地に対する働きかけおよびその状態をいう。人間生活,生産活動の大部分は土地を媒介として土地の上に展開されるので,その場所の自然条件(地質,地形,気候,植生,土壌など)に応じた,また土地を利用する人間の活動の種類・様式,価値観などその時代の経済,社会,技術,文化などの諸条件に応じたさまざまな土地利用が見られる。同じ平たんな土地であっても,乾燥した砂漠地域もあるし,適当な降水と気温に恵まれた温帯の農耕地域もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土地利用の言及

【都市計画】より

…(5)緑や水の保全,文化財の保護,美しい都市景観の創出。(6)健全な住宅と生活環境を定常的に供給しうる態勢を確立するため,土地利用計画と地区計画による都市計画制限の強化。
【都市基本計画】
 都市というスケールの地域を対象とする総合的な都市構成計画で,ゼネラル・プランあるいはマスター・プランと呼ばれる。…

※「土地利用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土地利用の関連キーワードド=マルトンヌの乾燥指数国有林の地域別の森林計画グリーンプロジェクトホルトバージ国立公園クリーブランドハイツ総合土地政策推進要項讃岐平野・讚岐平野ランドスケーパー計画単位開発バンクス半島都市計画区域地域森林計画スーパー堤防特別用途地区土地基本法土地分類図ゾーニング乾燥度指数土地利用図営農指導員

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地利用の関連情報