コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹諧破邪顕正 はいかいはじゃけんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいはじゃけんしょう【誹諧破邪顕正】

俳諧論書。随流著。1679年(延宝7)刊。高政(たかまさ)編《俳諧中庸姿(つねのすがた)》の俳風があまりに奇矯であったため,編者独吟の一句一句に批判を加えた書。俳諧も歌道の一体であるという貞門の保守的俳諧観に終始する。文中の宗因への非難に答えるためと称し,同門の惟中(いちゆう)が《破邪顕正返答》(1680)を著したが,同門俳人の神経を逆なでする発言があったため,内外両派から攻撃された。【乾 裕幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

誹諧破邪顕正の関連キーワード菅野谷高政中島随流岡西惟中芋の山

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android