コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹諧破邪顕正 はいかいはじゃけんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいはじゃけんしょう【誹諧破邪顕正】

俳諧論書。随流著。1679年(延宝7)刊。高政(たかまさ)編《俳諧中庸姿(つねのすがた)》の俳風があまりに奇矯であったため,編者独吟の一句一句に批判を加えた書。俳諧も歌道の一体であるという貞門の保守的俳諧観に終始する。文中の宗因への非難に答えるためと称し,同門の惟中(いちゆう)が《破邪顕正返答》(1680)を著したが,同門俳人の神経を逆なでする発言があったため,内外両派から攻撃された。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

誹諧破邪顕正の関連キーワード菅野谷高政中島随流岡西惟中芋の山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android