コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野谷高政

美術人名辞典の解説

菅野谷高政

俳人。宗因門。俳壇的活動は談林の勃興期で貞門直系の作と共に宗因の独吟百韻を収め、急速に宗因に接近して親しく教をうける。京都に談林風俳諧を弘布した。元禄になってからは俳壇から消え去った。生歿未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野谷高政 すげのや-たかまさ

すがのや-たかまさ

菅野谷高政 すがのや-たかまさ

?-? 江戸時代前期の俳人。
京都の人。西山宗因(そういん)にまなび,京都談林派の中心人物となる。延宝7年(1679)「中庸姿(つねのすがた)」をあらわしたが,貞門の中島随流にその新奇な俳風を批判され,貞門と談林の間に論争をひきおこした。元禄15年(1702)以後死去。通称は孫右衛門。別号に惣本寺,伴天連社。編著に「誹諧絵合(はいかいえあわせ)」,著作に「是天道(これてんどう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菅野谷高政

生年:生没年不詳
江戸初期の俳人。京都の人で富小路錦小路上ルに住す。通称は孫右衛門。大坂の阿蘭陀西鶴の向こうを張って,惣本寺伴天連社高政とも称する。はじめ安原貞室系のち西山宗因門。延宝3(1675)年『誹諧絵合』を刊行して俳壇に進出。この選集には宗因の独吟百韻を収め,すでに談林への傾倒を示している。同7年に『誹諧中庸姿』を刊行し,巻頭に「目にあやし麦藁一把飛蛍」以下の独吟百韻をかかげたが,その奇矯な作風を,貞門側の『誹諧破邪顕正』によって攻撃され,これ以後貞門対談林の論争へと発展する。ところがこれによって高政は一躍有名になり,京都談林俳諧の中心人物と目され,同8年に『是天道』を,さらに同9年『ほのぼの立』を刊行して,異体・異風の俳風を誇示するが,天和2(1682)年の宗因の死を機に,俳壇から後退した。<参考文献>密田良二「菅野谷高政」(明治書院『俳句講座』2巻)

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅野谷高政
すがのやたかまさ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の菅野谷高政の言及

【高政】より

…江戸前期の俳人。生没年不詳。姓は菅野谷(すがのや),通称は孫右衛門。俳諧惣本寺,伴天連社(ばてれんしや)などを名のる。江戸の人。1674‐75年(延宝2‐3)ごろ上京。江戸在住当時から中央俳書に句を投じていたが,上京後,《誹諧絵合(えあわせ)》(1675),《後集絵合》(1677)等の編著によって一躍名をはせた。79年(延宝7)刊《俳諧中庸姿(つねのすがた)》は,その書名とは裏腹に奇矯異体の限りを尽くした作品であったため,貞門派の憎しみを買い,随流の《誹諧破邪顕正(はじやけんしよう)》(1679),重頼の《誹諧熊坂》(1679)など論難書が出され,やがて全俳壇を巻き込む規模の抗争事件へと発展した。…

※「菅野谷高政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone