コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憎しみ(読み)ニクシミ

デジタル大辞泉の解説

にくし‐み【憎しみ】

憎いと思うこと。憎悪の気持ち。「憎しみに満ちたまなざし」「周囲の憎しみを買う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憎しみ
にくしみ
hate

好き嫌いの感情と同じように、と憎しみは対立した感情であるが、好き嫌いの場合には感情的評価が主となっており、愛憎はより衝動的なものである。この対立した感情のなかには、羨望(せんぼう)、嫉妬(しっと)、敵意、恨みなどが隠されている。愛憎の対立は「かわいさ余って憎さ百倍」といわれるように、相互に転換されるものである。フロイトは愛は性衝動に由来し、憎しみは自己保存の衝動に由来するというが、この限りでは、愛より憎しみのほうが発生的に早いと考えられる。愛憎の対立が現れるのは、性心理的な発達段階でいえば、男根期(エディプス期)以後になってからといわれる。それ以前の発達段階では、性衝動は対象を征服し支配し、ときによれば破壊しようとする傾向があるので、愛と憎しみを区別することは困難である。このため愛と憎しみは、無意識系では区別されないものと考えられる。これらの感情はもともと両面感情的であり、ときによって愛あるいは憎しみとして意識されるにすぎない。[外林大作・川幡政道]
『フロイト著、小此木啓吾訳「本能とその運命」(『フロイト著作集6』所収・1970・人文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憎しみの関連情報