コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木健夫 たかぎ たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木健夫 たかぎ-たけお

1905-1981 昭和時代のジャーナリスト。
明治38年12月16日生まれ。北京法文学堂でまなぶ。「国民新聞」「読売新聞」「大阪毎日新聞」などの記者をへて,昭和14年北京で「東亜新報」を創刊して主筆となる。戦後「読売新聞」に論説委員として復帰,24年から17年間コラム「編集手帳」を担当。退社後,「新聞小説史」をまとめあげた。昭和56年6月7日死去。75歳。福井県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高木健夫の関連キーワードジャーナリスト丸山 幹治昭和時代紅衛兵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高木健夫の関連情報