高木政勝(読み)たかぎ まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木政勝 たかぎ-まさかつ

1847-1916 明治-大正時代の宗教家。
弘化(こうか)4年生まれ。はじめ弁護士であったが,真宗大谷派の小栗栖香頂(おぐるす-こうちょう)の門にはいる。のち護法会,是真会などを設立して布教につとめた。大正5年3月16日死去。70歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android