コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松信行 たかまつ のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松信行 たかまつ-のぶゆき

1836-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)7年5月3日生まれ。江戸の塚田孔平について剣をまなび,各地で尊攘派とまじわる。同志15人とともに京都等持院の足利尊氏ら将軍3代の木像の首をきり,三条河原にさらしたため,文久3年2月27日捕吏におそわれ殺された。28歳。信濃(しなの)(長野県)出身。通称は平十郎,趙十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高松信行の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android