コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高校野球特待生制度(読み)コウコウヤキュウトクタイセイセイド

デジタル大辞泉の解説

こうこうやきゅうとくたいせい‐せいど〔カウカウヤキウトクタイセイ‐〕【高校野球特待生制度】

野球の技能に優れた高校生を対象に、授業料免除や奨学金支給などの特典を与える制度。日本学生野球憲章で禁止されている。
[補説]平成19年(2007)に存在が表面化して議論を呼んだ。日本高等学校野球連盟当面の暫定措置として、条件付きでこれを容認する方針を示した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高校野球特待生制度

野球の技能優秀者に入学金や授業料などを優遇する制度。日本学生野球憲章で禁じられているが、07年のプロ野球裏金問題をきっかけに存在が表面化。同年5月の日本高野連の調査では384校の計7971人に上った。日本高野連は同年11月、09年度から3年間の暫定措置として条件つきで容認。採用にあたって募集要項公開や中学校長の推薦書を義務付け、「1学年5人以下が望ましい」とのガイドラインも定めた。

(2009-07-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android