コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高梨氏 たかなしうじ

世界大百科事典 第2版の解説

たかなしうじ【高梨氏】

中世信濃の有力武士。清和源氏井上氏の同族。盛光を祖とするが,早くから本郷高梨(総領家)と山田高梨に分かれる。現長野県須坂市高梨の周辺が本貫の地といわれ,高井・水内両郡に所領をもった。盛光から3代目の忠直は木曾義仲四天王の一人として名をはせるが,鎌倉末期には京都妙心寺の開山関山慧玄を一門の中から生んでいる。南北朝時代になると経頼が一族の総領として軍事的に活躍し,以後室町時代を通して所領を北信濃の地に拡大していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高梨氏の言及

【信濃国】より

…中先代軍は一時鎌倉を奪ったが,足利尊氏,直義のまき返しにあい失敗に終わった。建武政権の瓦解から南北朝内乱への過程で中先代党は南朝方にくみし,守護小笠原貞宗を中心とする小笠原一族,村上氏,高梨氏等は北朝方にくみした。44年(興国5∥康永3)ころ,宗良親王が南朝方武士香坂(こうさか)氏の根拠地である伊那郡大河原(下伊那郡大鹿村)の地にはいり,同地は東国・北陸道方面の南朝方の中心地となって,南北朝内乱は最盛期をむかえた。…

※「高梨氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高梨氏の関連キーワード千葉県野田市上花輪中野[市]高梨氏館跡川中島の戦上杉謙信牧之島城源頼季飯山城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android