コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姻族 いんぞくaffinity

翻訳|affinity

6件 の用語解説(姻族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姻族
いんぞく
affinity

婚姻関係を契機とする配偶者の血族および血族の配偶者をいう。配偶者,配偶者の血族,血族の配偶者などを親族の範囲に包含するか,または姻族とするかは文化によって異なるし,同じく姻族と規定してもその間の結合の態様も文化によって変差がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐ぞく【姻族】

婚姻によって親族になった者どうし。夫からみて妻方の父母兄弟など。民法では、三親等内の姻族を親族とする。姻戚。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

姻族【いんぞく】

婚姻によって発生する親族。ある人からみて,その人の配偶者の血族,およびその人の血族の配偶者。三親等までの姻族を親族とする。姻族関係は離婚によって,または夫婦の一方が死亡した後に,生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときに消滅する。
→関連項目家族親等まき

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんぞく【姻族】

婚姻によって発生する親族。夫婦の一方と他方の血族は相互に姻族となり,自分と自分の血族の配偶者も同様である。夫側と妻側とに軽重の差はない。民法は3親等までの姻族を親族の範囲に含めている(725条)。直系と傍系を含む。たとえば,夫婦の一方と他方の親(いわゆる嫁姑など)は1親等の姻族であり,夫ないし妻と相手方の前配偶者との間の子との関係も同様である。これに対し,夫の親と妻の親との関係とか兄の妻と弟の妻との関係等は姻族関係にはいらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんぞく【姻族】

本人または血族の婚姻によってつながる人々。姻戚。 → 血族

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姻族
いんぞく

夫からみて妻の親や兄弟、自分の兄弟の妻など、配偶者の血族および血族の配偶者をいう。父の後妻や妻の連れ子も自分からみて姻族である。したがって自分の父母と配偶者の父母のように、一方の血族と他方の血族との間には姻族関係はない。現行民法では、3親等(しんとう)までの姻族は親族に含まれる(725条)。姻族関係は婚姻によって生じ、離婚または夫婦の一方が死亡した場合に残った配偶者が姻族関係を終了する意志表示をしたときに消滅する(725条・728条)。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の姻族の言及

【親族】より

…親子関係に発する血族関係と婚姻関係に発する姻族との総称。社会関係の一つとしての親族関係は,夫婦・親子・キョウダイ(兄弟姉妹)という3種の基本的関係およびそれらを組み合わせた関係の連鎖によってなり,父方・母方(夫方・妻方)の双方にわたり,本来双系的な組織である。…

※「姻族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姻族の関連情報