コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋巴山 たかはし はざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋巴山 たかはし-はざん

1796-1872* 江戸後期-明治時代の儒者。
寛政8年生まれ。はじめ桜田欽斎に,のち江戸で朝川善庵にまなび,善庵門で片山紹堂,山本緑陰らとならび称された。また画をよくし,菅井梅関,高久靄厓(あいがい)らに推称された。明治4年11月24日死去。76歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は貞則。字(あざな)は青卿。通称は季八郎。別号に松島漁隠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋巴山の関連キーワードアーガー・ムハンマドエカチェリーナドニエプロペトロフスクシーボルトニーマンメドハースト嘉慶帝ドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android