コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋巴山 たかはし はざん

1件 の用語解説(高橋巴山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋巴山 たかはし-はざん

1796-1872* 江戸後期-明治時代の儒者。
寛政8年生まれ。はじめ桜田欽斎に,のち江戸で朝川善庵にまなび,善庵門で片山紹堂,山本緑陰らとならび称された。また画をよくし,菅井梅関,高久靄厓(あいがい)らに推称された。明治4年11月24日死去。76歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は貞則。字(あざな)は青卿。通称は季八郎。別号に松島漁隠。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋巴山の関連キーワードエカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解室蘭[市]ミシン富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone