高気圧室(読み)こうきあつしつ(英語表記)hyperbaric chamber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高気圧室
こうきあつしつ
hyperbaric chamber

内部を 1気圧より高い気圧に保つことのできる密閉した小室で,治療に利用する。内部へは酸素または空気を圧搾ポンプで注入して,通常 3~6気圧という高い圧力を保つ。この中に患者を入れて呼吸させると,血液および体液中への溶解酸素量が著しく増加する。また身体に圧力がかかるため,体内に存在するガスは圧縮されて,その体積を減じる。このことを利用して,減圧症一酸化炭素中毒青酸中毒破傷風菌やガス壊疽菌などの嫌気性菌感染症腸内ガスが膨満する腸閉塞,空気栓塞,動脈閉塞チアノーゼのある心臓疾患患者の手術時,癌に対する放射線治療や,制癌剤治療に際して癌細胞感受性を増すため,などに適用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android