コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高気圧室 こうきあつしつhyperbaric chamber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高気圧室
こうきあつしつ
hyperbaric chamber

内部を 1気圧より高い気圧に保つことのできる密閉した小室で,治療に利用する。内部へは酸素または空気を圧搾ポンプで注入して,通常 3~6気圧という高い圧力を保つ。この中に患者を入れて呼吸させると,血液および体液中への溶解酸素量が著しく増加する。また身体に圧力がかかるため,体内に存在するガスは圧縮されて,その体積を減じる。このことを利用して,減圧症一酸化炭素中毒青酸中毒破傷風菌やガス壊疽菌などの嫌気性菌感染症腸内ガスが膨満する腸閉塞,空気栓塞,動脈閉塞チアノーゼのある心臓疾患患者の手術時,癌に対する放射線治療や,制癌剤治療に際して癌細胞感受性を増すため,などに適用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高気圧室の関連キーワード高圧酸素治療内部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android