コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破傷風菌 ハショウフウキン

百科事典マイペディアの解説

破傷風菌【はしょうふうきん】

破傷風の病原菌。1884年ドイツの医師A.ニコライアーが発見,1889年北里柴三郎純粋培養に成功。広く土壌に分布する長さ4〜8μm,幅0.5μm,嫌気(けんき)性のグラム陽性杆(かん)菌で,周毛性鞭毛(べんもう)を有し,芽胞を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はしょうふうきん【破傷風菌】

破傷風の起因菌。1889年(明治22)北里柴三郎が純培養および動物感染に成功。グラム陽性桿菌かんきん。二〇~三〇本の鞭毛を有し嫌気性。土壌中に生存し、創傷を通じて体内に侵入する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の破傷風菌の言及

【コッホ】より

…名声は大いにあがり,彼のもとには内外から俊英が集まり,つぎつぎと病原菌が発見され,研究法が開発された。F.レフラーのジフテリア菌発見,北里柴三郎の破傷風菌の発見などがある。85年にベルリン大学衛生学教授,91年にはベルリンに新設された伝染病研究所長となる。…

【破傷風】より

…破傷風菌が産生する神経毒による中毒性感染症で,tetanusは〈つっぱる〉〈緊張する〉という意味のギリシア語tétanosに由来する。外傷部に土やほこりといっしょに入った破傷風菌が増殖して毒素を産生する。…

※「破傷風菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

破傷風菌の関連キーワードベーリング(Emil Adolf von Behring)イソプロピルアルコール生体膜マイクロドメインおもな感染症と病原体ホモスルファミン破傷風トキソイド偏性嫌気性細菌混合ワクチングラム陽性菌北里 柴三郎菌体外毒素菌体内毒素グラム染色抗毒素血清抗毒素製剤日本科学史嫌気性生物嫌気性細菌ベーリング高気圧室

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破傷風菌の関連情報