コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田敬輔 たかだ けいほ

美術人名辞典の解説

高田敬輔

江戸中期の画家。近江日野生。名は隆久、初め徳右衛門と称す。別号に、眉間に疣があることから眉間豪翁、また竹陰斎などを用いる。画を狩野尚真・僧古礀に学び、法眼に叙せられる。京摂に遊び、五十嵐浚明と並び称された。水墨画を得意とし、また仏画も能くした。宝暦5年(1755)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田敬輔 たかだ-けいほ

1674-1756* 江戸時代前期-中期の画家。
延宝2年生まれ。家は代々製薬業をいとなむ狩野永敬に師事し,僧古礀(こかん)に水墨画をまなぶ。近江(おうみ)(滋賀県)信楽院(しんぎょういん)の天井画などをえがく。60歳で法眼となった。宝暦5年12月4日死去。82歳。近江出身。名は隆久。通称は徳右衛門。別号に眉間毫翁,竹隠斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高田敬輔の関連キーワード月岡雪鼎曽我蕭白谷田輔長島崎雲圃曾我蕭白

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android