コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎駿 みやざきはやお

5件 の用語解説(宮崎駿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎駿
みやざきはやお

[生]1941.1.5. 東京,文京
アニメーション作家,映画監督プロデューサー。1963年学習院大学政治経済学部を卒業。同 1963年東映動画に入社,1971年に退社し,Aプロ,ズイヨー映像を経て 1979東京ムービー新社に移る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐はやお【宮崎駿】

[1941~ ]アニメーション作家・映画監督。東京の生まれ。日本のアニメーション界の第一人者として、国内のみならず海外にも絶大な影響を与える。昭和60年(1985)アニメ映画製作会社「スタジオジブリ」を創設。原作・脚本・監督を手がけた長編アニメ映画に「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋(ちひろ)の神隠し」などがある。平成24年(2012文化功労者。平成26年(2014)米国アカデミー賞の名誉賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮崎駿【みやざきはやお】

アニメーション作家。東京生れ。学習院大卒。1963年東映動画部入社。《狼少年ケン》の動画などを担当する。いくつかの会社を経て1982年よりフリー。この間の代表作にテレビ作品《アルプスの少女ハイジ》《未来少年コナン》,劇場用作品《ルパン三世 カリオストロの城》などがある。
→関連項目アニメーションベルリン国際映画祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎駿 みやざき-はやお

1941- 昭和後期-平成時代のアニメーション作家。
昭和16年1月5日生まれ。東映動画などで「狼少年ケン」「パンダコパンダ」などの製作にかかわる。昭和49年「アルプスの少女ハイジ」で注目される。59年雑誌「アニメージュ」に連載した「風の谷のナウシカ」を映画化,以後「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」などを発表。「千と千尋の神隠し」が平成14年ベルリン国際映画祭金熊賞,15年アメリカアカデミー賞などにえらばれた。17年ベネチア国際映画祭栄誉金獅子賞。24年文化功労者。26年アカデミー賞名誉賞。東京出身。学習院大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎駿
みやざきはやお
(1941― )

アニメーション監督、演出家。東京都文京区生まれる。学習院大学卒業後、1963年(昭和38)に東映動画(現、東映アニメーション)に入社し、劇場用映画『わんわん忠臣蔵』やテレビシリーズ『狼(おおかみ)少年ケン』(1963~1965)の動画を担当。1964年労働組合の書記長となる。労組の副委員長であった高畑勲(たかはたいさお)(1935― )が演出した『太陽の王子ホルスの大冒険』(1968)では、場面設計、原画を担当。1971年に東映動画を退社してAプロダクション(現、シンエイ動画)に入り、高畑勲とともに『ルパン三世』(テレビシリーズ、1971~1972)の演出を途中から担当。1972、1973年には劇場用短編映画『パンダコパンダ』シリーズの脚本、原画を担当した。その後ズイヨー映像へ移籍し、テレビシリーズ『アルプスの少女ハイジ』(1974)、スタッフの多くがそのまま移った日本アニメーションで『母をたずねて三千里』(1976)、『未来少年コナン』(1978)を制作した。
 劇場用映画では初の監督作品となった『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)で毎日映画コンクールの大藤信郎(おおふじのぶろう)賞を受賞。1982年から、雑誌『月刊アニメージュ』(徳間書店)に連載開始したマンガ『風の谷のナウシカ』は、1984年に自らが監督して劇場公開された。
 1985年にアニメーション制作スタジオ「スタジオジブリ」を設立して以降、『天空の城ラピュタ』(1986)、『となりのトトロ』(1988)、『魔女の宅急便』(1989)など劇場用作品中心に活動している。『もののけ姫』(1997)で、日本映画の配収記録を塗りかえ、『千と千尋(ちひろ)の神隠し』(2001)は、ベルリン国際映画祭金熊賞、アカデミー長編アニメーション映画賞を受賞している。『ハウルの動く城』(2004)ではベネチア国際映画祭オゼッラ賞受賞、翌2005年にはこれまでの功績が評価され、ベネチア国際映画祭栄誉金獅子賞を受賞した。2013年に長編アニメからの引退を表明。2014年にアカデミー名誉賞を受賞した。なお、スタジオジブリの「ジブリ」はイタリア語でサハラ砂漠に吹く熱風をさすghibliからきている。[編集部]

資料 監督作品一覧

ルパン三世 カリオストロの城(1979)
名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻(1984)
風の谷のナウシカ(1984)
未来少年コナン 特別篇 巨大機ギガントの復活(1984)
続名探偵ホームズ ミセス・ハドソン人質事件/ドーバー海峡の大空中戦(1986)
天空の城ラピュタ(1986)
となりのトトロ(1988)
魔女の宅急便(1989)
紅の豚(1992)
On Your Mark CHAGE&ASKA(1995)
もののけ姫(1997)
千と千尋の神隠し(2001)
ハウルの動く城(2004)
崖の上のポニョ(2008)
風立ちぬ(2013)
『『宮崎駿・高畑勲とスタジオジブリのアニメーションたち』(1995・キネマ旬報社) ▽宮崎駿著『出発点1979~1996』(1996・徳間書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎駿の関連キーワードアニメアニメソング加藤久仁生川本喜八郎久里洋二人形アニメーションアニメージュ岡本忠成辻真先りん たろう

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎駿の関連情報