高畑房次郎(読み)たかはた ふさじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高畑房次郎 たかはた-ふさじろう

1828-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年生まれ。文久元年水戸藩士らと江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス仮公使館を襲撃。文久2年1月15日同志5人とともに坂下門外に老中安藤信正をおそったが殺された。35歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は胤正。変名は相田千之允。通称は総次郎とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android