コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽神 たいようしんsun god

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽神
たいようしん
sun god

太陽を神格化した神。ギリシア神話のヘリオス,インドのスーリヤ,メソポタミアのシャマシュなどが典型的な例。これらは宗教的にも神話的にも副次的な存在だが,日本のアマテラスやエジプトのレーなど,太陽神のなかには最高神の地位を占め,神話の主役を演じるものもあり,また日本の天岩屋戸神話や,『リグ・ベーダ』に歌われたインドラとスーリヤの争闘の話など,世界の神話には,日食など太陽現象との結びつきの明瞭な話が数多く見出される。このため 19世紀後半には,マックス・ミュラーらによって,すべての神々や英雄あるいは説話の主人公などまで太陽神に還元し,神話伝説からおとぎ話の類までことごとく,夜明けや日没などの太陽現象と関係づけて解釈する太陽神話学説が流行した。この極端な説の行過ぎは明らかであるが,それを是正するに急なあまり,近年には逆に太陽と太陽神の人類の宗教と神話における役割が不当に過小評価される傾向もあった。確かにアマテラスオオミカミのような神格には,ただ単に太陽神といっただけでは言い尽くせない複雑な含蓄がある。しかしだからといって太陽神である事実を無視しては,やはりその本質を十全に把握することはできない。またたとえば日本神話のなかのオシホミミ,ホノニニギ,ヒコホホデミ,ウガヤフキアエズら,いずれも日の御子の性格を付与されている,皇室の神話的祖先たちの出生譚に共通して,嬰児の太陽の誕生神話と解釈できる要素が含まれているなど,世界の神話伝説中には,その説話中に必ずしもあからさまにはいわれていない太陽神話としての一面を認めることで,意味のより完全な理解が可能となる話が少なからずあることも否定しえない事実である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいよう‐しん〔タイヤウ‐〕【太陽神】

太陽を信仰対象として神としたもの。古代神話などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいようしん【太陽神】

太陽を信仰の対象として神格化したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽神
たいようしん

太陽を人格化した神。民族や時代により、男神であったり女神であったりする。原始的な文化では、手がたくさんある生物であったり、光り輝く鳥や昆虫であったりして動物形態から離れていないが、文化が発達した段階では擬人化が進み、天上の光り輝く宮殿に王者として住むとか、太陽の球や円盤を舟や車などに乗せて天空を旅する神という形をとる。ほかの自然神に比べ、この神はもっとも顕著な光輝をもつ存在として天界の神々の最高位を占めることが少なくない。またしばしば王権や支配権と結び付けられ、その崇拝はエジプト、バビロニア、ヒッタイト、ギリシア、インド、東南アジア、メキシコ、ペルーなどの古代文明の諸民族で盛んで、ポリネシアやアメリカ・インディアンでも多少行われているが、オーストラリア、ニューギニア、メラネシア、アフリカなどの原始民族では盛んではなかった。
 太陽神の信仰が王権と結び付いている民族では、いわゆる「日の御子(みこ)」の伝承が語られて太陽神の神裔(しんえい)が王統を継ぐと考えられ、これはエジプト、インド、インカのほか、日本や琉球(りゅうきゅう)(沖縄)の王室にもみられる。エジプトのラー、バビロニアのマルドゥク、ベンガルのムンダ人のシンボンガなどは、至上神と創造神を兼ねた太陽神であり、創造神話の主役となっている。さらに太陽の光熱による万物の育成という考え方から、太陽神は往々にして農耕の守護神とされ、また太陽が日の入りから日の出までの夜の間地下の世界を旅するという考え方から、太陽神と人間の死霊や冥府(めいふ)を結び付ける観想も生まれた。
 太陽神の乗り物としては、ギリシア、北欧、バビロニア、インド、中国などでは馬車が広く知られるが、エジプト、シュメール、オセアニアなどでは舟とされている。日本の太陽神は天照大神(あまてらすおおみかみ)が、皇祖神と同時に高天原(たかまがはら)の至上神として知られるが、『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』や『住吉神代記(すみよしじんだいき)』などによると、舟に乗った太陽神であり、このことはユーラシア大陸南岸に分布する「太陽の舟」の信仰文化の一波であると考えられる。[松前 健]
『松本信広著『日本の神話』(1958・至文堂) ▽松前健著『日本神話の新研究』(1960・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太陽神の言及

【天照大神】より

…記紀神話に登場する太陽神的性格の女神。天照大御神(あまてらすおおみかみ),大日孁貴(おおひるめのむち),天照大日孁尊(あまてらすおおひるめのみこと)などともよばれる。…

【イクナートン】より

…皇后はネフェルティティ。アメンヘテプ4世として即位するが,当初より当時帝国の守護神として王家の尊崇を集め,おびただしい寄進によって経済力を蓄えて,国政に対する影響力を増大させてきたアメン神とその神官団に対抗するため,太陽神アテン信仰の育成に努力した。やがてアテンを唯一の神とし,アメン以下伝統的な神々の信仰を禁止する〈宗教改革〉を断行。…

【ウマ(馬)】より

… ところでこの馬に引かれた戦車に関連して,おそらくインド・ヨーロッパ語系の民族の移動とともに広まった神話が,広く旧大陸には分布している。すぐ思い出されるのはギリシア神話で,天馬があけぼのの女神エオスの車を引き,ファエトンが太陽神ヘリオスの二輪車を御し,天神ゼウスによってうたれる物語であろう。《リグ・ベーダ》でも,英雄神であるインドラは,2頭の名馬の引く戦車に乗って空を駆け,火の神,かつ太陽神であるアグニも輝く車に乗っている。…

【太陽】より

…コロナの高温は対流層の運動のエネルギーが熱化されるためであると考えられてきたので,太陽よりも低温の,彩層をもった恒星で,コロナを引きとめるに足る表面重力をもつ主系列星にだけ存在すると想像されていたのであるが,最近のX線の観測で,もっと高温の星にも,また巨星や超巨星にもコロナが存在することが確かめられ,従来のコロナについての考え方に大きな修正を迫られている。光球太陽スペクトル日食フレア【末元 善三郎】
【太陽神話】
 太陽については事実上どの民族も何らかの神話や信仰をもっているといってよい。しかし,19世紀末に唱えられたような,すべての神話は太陽神話であるというのは明らかにいきすぎであって,太陽と無関係な神話も多い。…

※「太陽神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太陽神の関連キーワードコロッソス・オブ・ロードス宇宙のファンタジーエラガバルスヒュペリオンビバスバットヘリオポリスフォイニクスウセルカフファエトンアブシールオベリスクプーシャンミトラス教バージャーベンベン石サビトリアウロラ天照大神アウロスマユーラ

太陽神の関連情報