コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高見順日記 たかみじゅんにっき

世界大百科事典 第2版の解説

たかみじゅんにっき【高見順日記】

作家高見順の日記。全8巻9冊は1964年から66年にかけて,生前から没後に刊行されたが,内容は敗戦前後を中心とする1941年1月から51年5月までの記録である。ときに新聞の切抜きも加えて,困難な時代を見すえる執念はすさまじい。すぐれた記録文学であり,資料としての価値も高い。没後刊行の《続高見順日記》(1975‐77)には,その後死に至るまでの日記と,少年期からの断片を収める。【鳥居 邦朗】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

高見順日記の関連キーワード高見 順