少年期(読み)ショウネンキ

デジタル大辞泉プラスの解説

少年期

1951年公開の日本映画。監督:木下恵介、原作:波多野勤子、脚本:木下恵介、田中澄江、撮影:楠田浩之。出演:笠智衆、田村秋子、石浜朗、野沢哲男、木下武則、小林トシ子、三國連太郎ほか。第2回ブルーリボン賞脚本賞受賞。第6回毎日映画コンクール女優助演賞(田村秋子)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうねんき【少年期】

少年の時期。一般に児童期の後半をいい、女子も含めて用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうねん‐き セウネン‥【少年期】

〘名〙 少年の時期。法律、心理学などによって多少区分が異なるが、一般的には児童期の後半をさして用いる。少女と区別して、男の子についていわれることもあるが、男女を総称した年齢区分としても用いる。少年時代
※桐の花(1913)〈北原白秋〉白猫「物心ついた少年期の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少年期の関連情報