コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年期 ショウネンキ

デジタル大辞泉の解説

しょうねん‐き〔セウネン‐〕【少年期】

少年の時。一般に、児童期の後半をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

少年期

1951年公開の日本映画。監督:木下恵介、原作:波多野勤子、脚本:木下恵介、田中澄江、撮影:楠田浩之。出演:笠智衆、田村秋子、石浜朗、野沢哲男、木下武則、小林トシ子、三國連太郎ほか。第2回ブルーリボン賞脚本賞受賞。第6回毎日映画コンクール女優助演賞(田村秋子)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうねんき【少年期】

少年の時期。一般に児童期の後半をいい、女子も含めて用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

少年期の関連キーワードベートーヴェン:パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」のアリア「田舎者の恋は何と美しく」による9つの変奏曲/piano soloデニス・ジェイムズ ワトキンズ・ピッチフォードガンビーニ・P.A. クアラントッティフランク・ビリングス ケロッグフィッシャー・フォン・エルラハクアラントッティ・ガンビーニアレクサンドロス[大王]クリシャン チャンダルアルフレッド ケージンカニンガム=グレアムアンドレ ランスコイラージー ポゴージンエドガー ケーシーサン・マルティンカール[4世]ライフステージペンデレツキレオパルディカストラートゴットヘルフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少年期の関連情報