コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速度撮影 こうそくどさつえいhigh-speed shooting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高速度撮影
こうそくどさつえい
high-speed shooting

映画技術用語。フィルムは撮影時に普通1秒間 24コマの速さで回転するが,それ以上の速さで撮る方法。撮影されたものを映写すると逆にスローモーションとなるから,高速度で動く物体 (ロケットなど) の研究に適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそくど‐さつえい〔カウソクド‐〕【高速度撮影】

フィルムのこま送りを普通より速くして撮影する技法。これを標準速度で映写すると、スローモーションで再現できる。高速度の現象を観察・観測する場合にも用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高速度撮影【こうそくどさつえい】

映画の技法。フィルム速度を標準よりも速くして(一般の撮影機では2〜3倍まで)撮影すること。これを標準速度で映写すると,撮影対象の運動がゆるやかに見え,肉眼には見えにくい運動も知覚できる。
→関連項目撮影機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうそくどさつえい【高速度撮影】

普通の撮影速度の数倍以上の速度で撮影すること。これを通常の速度で映写するとスロー-モーション画像が得られる。 → 超高速度撮影微速度撮影

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の高速度撮影の言及

【高速度写真】より


【高速度コマ撮り写真】
 長尺フィルムに,映写速度より速いコマ撮り速度で撮影すると,現象の時間を引き伸ばして,映画として観察できる。いわゆる高速度撮影とか超高速度撮影と呼ばれている手法であるが,通常のシネカメラのようにフィルムを間欠的に移動させて撮影するかき落し式では,撮影速度は1秒当り1000コマ(1000f/s)が最高で,これ以上の速度を得るためには以下のような特殊なカメラや装置が利用される。
[回転プリズム式カメラ]
 フィルムを連続的に巻き取り,回転プリズムによってフィルムに合わせて像を移動させるもので,100m/s近くの巻取速度が可能で,16mm長尺フィルムで104f/sが得られる。…

※「高速度撮影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高速度撮影の関連キーワード裏面照射型CMOSセンサー超高速度撮影映画カメラギルブレス教育映画特殊撮影科学映画SF映画流し写真栗林慧SFX

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高速度撮影の関連情報