コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高逸 コウイツ

デジタル大辞泉の解説

こう‐いつ〔カウ‐〕【高逸】

[名・形動]高尚ですぐれていること。また、そのさま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こういつ【高逸】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気高く優れている・こと(さま)。 「オリュムピアの祭に-雄渾なる頌歌を吟ぜり/希臘思潮を論ず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の高逸の言及

【逸民】より

…中国の隠者。知識階級に属しながら政治の世界を俗として仕官せず,民間に隠れて高潔に生きる人々で,隠逸,高逸,高士などともよばれる。聖天子の尭に招かれても,これをけがらわしいとした許由(きよゆう)や,周の武王の治世でもその粟をくらわなかった伯夷(はくい)・叔斉(しゆくせい)などが,その典型とされる。…

※「高逸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高逸の関連キーワード菅茶山逸民雄渾

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android