コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眸子 ボウシ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐し【×眸子】

ひとみ。瞳孔(どうこう)。瞳子
「群集の―、均しく訝(いぶか)しげに小門の方に向えり」〈木下尚江火の柱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうし【眸子】

ひとみ。瞳孔。 「昔の人は人に存するもの-より良きはなしと云つたさうだが/草枕 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

眸子の関連キーワード草枕

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android