高野山往生伝(読み)こうやさんおうじょうでん

世界大百科事典 第2版の解説

こうやさんおうじょうでん【高野山往生伝】

日野法界寺如寂のによれば1184年(元暦1)高野山参詣の時,古老から山内の念仏往生者の話を聞き,遺跡を訪れ逸話を集めて本書編纂(へんさん)したという。冒頭の教懐(1093没)から最後の証印(1187没)まで,38名の伝を没年代順に配列する。すべて高野山の往生者で,覚鑁(かくばん)にはじまる伝法院・密厳院系の真言念仏と,教懐以来の小田原別所系の念仏者の記載が多い。女人の記載はなく,往生者の出自や経歴,教学系統も一定していない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android