コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野山町石道玉川峡県立自然公園 こうやさんちょういしみちたまがわきょうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野山町石道玉川峡県立自然公園
こうやさんちょういしみちたまがわきょうけんりつしぜんこうえん

和歌山県北東部,紀ノ川支流の丹生川上流にある玉川峡と,高野山への表参道である高野山町石道などからなる自然公園。橋本市かつらぎ町九度山町高野町の 1市 3町にまたがる。面積 6.45km2。1968年かつらぎ高野山系県立自然公園として指定。2009年区域を大幅に縮小し,現名称に変更。玉川峡は奇岩,滝などが連続する渓谷景観,紅葉やホタルの名所として知られる景勝地。紀ノ川左岸の慈尊院(→女人高野)から花坂にいたる高野山町石道は,「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産の文化遺産に登録されるとともに,国の史跡に指定されている。ほかに,かつらぎ町の丹生都比売神社,宝来山神社などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高野山町石道玉川峡県立自然公園の関連キーワード九度山(町)高野(町)慈尊院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android