コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野詣 こうやもうで

世界大百科事典 第2版の解説

こうやもうで【高野詣】

霊場高野山にもうでるには二つの目的があった。その一つは永遠の生命と呪力をもった弘法大師の廟にもうでて,その功徳利益を受けることである。その二は山岳霊場である高野山に納骨し,もしくは位牌を立てて,死者の霊を鎮魂供養することである。この高野山にもうでることは,現在のように交通が開けるまでは難行苦行であったが,平安時代中期以来,法皇上皇,摂政関白をはじめ,貴賤衆庶があつまった。この高野詣の功徳を説いて,諸国から参詣者を誘引したのは高野聖(ひじり)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高野詣の言及

【紀伊国】より

…同じころから,これらの寺社領をはじめ多数の荘園が設立された。【薗田 香融】
【中世】

[熊野詣・高野詣の盛行]
 院政期になると,上皇・女院および貴族による熊野三山あるいは高野山への参詣が,前代とは比較にならないほど盛んになった。とくに上皇の熊野参詣は回数が多く,後白河上皇は34回にも及び,後鳥羽上皇は平均10ヵ月に1度という頻度である。…

※「高野詣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高野詣の関連キーワード高野山文書高野参り鳥養牧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android