コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野詣 こうやもうで

1件 の用語解説(高野詣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうやもうで【高野詣】

霊場高野山にもうでるには二つの目的があった。その一つは永遠の生命と呪力をもった弘法大師の廟にもうでて,その功徳利益を受けることである。その二は山岳霊場である高野山に納骨し,もしくは位牌を立てて,死者の霊を鎮魂供養することである。この高野山にもうでることは,現在のように交通が開けるまでは難行苦行であったが,平安時代中期以来,法皇,上皇,摂政関白をはじめ,貴賤衆庶があつまった。この高野詣の功徳を説いて,諸国から参詣者を誘引したのは高野聖(ひじり)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の高野詣の言及

【紀伊国】より

…同じころから,これらの寺社領をはじめ多数の荘園が設立された。【薗田 香融】
【中世】

[熊野詣・高野詣の盛行]
 院政期になると,上皇・女院および貴族による熊野三山あるいは高野山への参詣が,前代とは比較にならないほど盛んになった。とくに上皇の熊野参詣は回数が多く,後白河上皇は34回にも及び,後鳥羽上皇は平均10ヵ月に1度という頻度である。…

※「高野詣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高野詣の関連キーワード高野山高野山大学女人高野一両高野参り物詣高野山と奥の院峰宿高野山天龍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone