コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高頤石闕 こういせっけつGao-yi shi-que

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高頤石闕
こういせっけつ
Gao-yi shi-que

中国,四川省雅安県県城東 15kmにある石闕。建造年代は後漢献帝の建安 14 (209) 年と考えられている。大小2つの建物を横に並べた2重闕で,屋根にはそりがつけられ,寄棟造本瓦ぶき。軒は一軒扇垂木。斗 栱 (ときょう) の形式は出組み程度であるが様式化されている。鬼神などの彫刻もあり,装飾過多になっているが漢代の建築を知るうえでは貴重な遺構。なお闕は石で造った門であるが扉はない。身分によって形式に差があり,一般官吏は単闕,諸侯や太守級は2重闕,皇帝は3重闕となっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高頤石闕の関連キーワード久保恒造大気ブリッジウォーターエゴロワクロスカントリースキーザルカウィ死去兵庫県南部地震富士山浦富海岸オストラバ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android