高頤石闕(読み)こういせっけつ(英語表記)Gao-yi shi-que

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高頤石闕
こういせっけつ
Gao-yi shi-que

中国,四川省雅安県県城東 15kmにある石闕。建造年代は後漢献帝の建安 14 (209) 年と考えられている。大小2つの建物を横に並べた2重闕で,屋根にはそりがつけられ,寄棟造本瓦ぶき。軒は一軒扇垂木。斗 栱 (ときょう) の形式は出組み程度であるが様式化されている。鬼神などの彫刻もあり,装飾過多になっているが漢代の建築を知るうえでは貴重な遺構。なお闕は石で造った門であるが扉はない。身分によって形式に差があり,一般官吏は単闕,諸侯や太守級は2重闕,皇帝は3重闕となっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android