高高度発光現象(読み)コウコウドハッコウゲンショウ

デジタル大辞泉「高高度発光現象」の解説

こうこうど‐はっこうげんしょう〔カウカウドハツクワウゲンシヤウ〕【高高度発光現象】

対流圏よりも上層成層圏中間圏熱圏で生じる、発光を伴う放電現象総称。多く雷雲上空に発生し、落雷を伴う場合と伴わない場合とがある。ブルージェットスプライトエルブスなどが知られる。超高層雷放電中間圏発光現象TLE(transient luminous event)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android