魂の一年(読み)たましいのいちねん(英語表記)Das Jahr der Seele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魂の一年
たましいのいちねん
Das Jahr der Seele

ドイツの詩人 S.ゲオルゲの詩集。 1897年刊。彼の作品中で最も愛読されたもので,心の苦悩と憂愁を四季おりおりの風物に託して (ただし春は欠けている) ,美しくうたい上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たましいのいちねん〔たましひのイチネン〕【魂の一年】

《原題、〈ドイツ〉Das Jahr der Seeleゲオルゲの詩集。1897年刊。四季折々の風物によせて心象風景をうたう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android