コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏収 ぎしゅうWei Shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魏収
ぎしゅう
Wei Shou

[生]正始3(506)
[没]武平3(572)
中国,北斉の学者。鉅鹿 (河北省) の人。字は伯起。初め北魏,東魏に仕えてその文才をもって重んじられた。東魏,北斉交代の詔冊の類は魏収によって作成された。北斉成立とともに中書令兼著作郎となり,文宣帝の命による『魏書』編纂の中心人物となり,天保5 (554) 年完成。その人物は,軽薄傲慢であり,人々の非難を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐しゅう〔‐シウ〕【魏収】

[506~572]中国、北斉(ほくせい)の学者。鉅鹿(河北省)の人。字(あざな)は伯起(はくき)。初め北魏、のち北斉に仕え、「魏書」を著した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎしゅう【魏収】

506~572) 中国、北斉ほくせいの学者。字あざなは伯起。北魏ほくぎの史書「魏書」を編纂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魏収の関連キーワード史書

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android