コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住源次兵衛 うおずみ げんじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住源次兵衛 うおずみ-げんじべえ

1817-1880 幕末の武士。
文化14年11月生まれ。肥後熊本藩士。弘化(こうか)4年鉄砲頭(がしら)となる。肥後勤王党の穏健派の中心人物。藩論を勤王に統一しようとした建白書を提出。慶応4年藩主細川韶邦(よしくに)の弟護久を参内させた。明治13年9月16日死去。64歳。名は勤(いそし),真郷など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

魚住源次兵衛の関連キーワード安田喜助

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android