コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住源次兵衛 うおずみ げんじべえ

1件 の用語解説(魚住源次兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住源次兵衛 うおずみ-げんじべえ

1817-1880 幕末の武士。
文化14年11月生まれ。肥後熊本藩士。弘化(こうか)4年鉄砲頭(がしら)となる。肥後勤王党の穏健派の中心人物。藩論を勤王に統一しようとした建白書を提出。慶応4年藩主細川韶邦(よしくに)の弟護久を参内させた。明治13年9月16日死去。64歳。名は勤(いそし),真郷など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

魚住源次兵衛の関連キーワード荒尾清心斎梅沢孫太郎景山竜造兼重譲蔵川又佐一郎木村熊之進清水介左衛門西館融藤井良節山崎清良

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone